リースとレンタルの違いを徹底解説!

「リース」と「レンタル」の違いとそれぞれのメリットを解説するサイト

「レンタル」はどんな場合が良いのか

このサイトでは、モノの手に入れ方、使い方のスタイルとして存在する「リース」と「レンタル」のそれぞれの手法の違いについて、解説をしていきたいと思います。
17世紀の産業革命以降、欧米での「モノの作り出し方」「モノの売り方、買い方」「モノの使い方」そして「モノの捨て方」というものは、主に「大量生産、大量消費」という考え方で行われてきました。
人口の増加に合わせたこの近代的な生産方法と消費方法は、社会を富ませて、経済を発展させ、大量生産に耐えるための更なる工業技術、科学技術の発展をもたらしました。
これは明治維新以降の日本でも同様で、特に第二次世界大戦後の日本では、急激な大量生産社会の到来によって、このスタイルが顕著になってきました。
日本でも戦後は人口が増加し続けたため、この大量生産大量消費がよく合っていたのでした。
しかし、これらのスタイルは大量のごみ、環境汚染、そして人間の心から余裕をなくしていきました。
こうした社会で、新しいモノの使い方、手に入れ方として使われてくるようになったのが「リース」や「レンタル」といった手法でした。
しかし「リース」と「レンタル」は、似ているようで違っている部分も色々とあるのですが、それをはっきりと説明しようとすると、案外難しいかもしれません。
そこで、このサイトでは、そんな「リース」と「レンタル」はどのように違っていて、それぞれどのようなメリットが存在しているのかを解説していきたいと思います。

リースとレンタルの違いを解説するサイト

最初のこの1ページ目においては、「レンタル」というのはどのような使い方、モノの手に入れ方で、どのようなメリットがあるのかについて解説していきます。 また、単に手法を解説するだけでなく、「レンタル」の具体例や今までの歴史などにも触れながら、わかりやすく解説することに努めていきたいと思います。

リースの場合の考え方

2番目のこのページにおいては、レンタルとはまたちょっと異なる、モノの手に入れ方である、「リース」はどのような場合の利用を想定しているのか、また、「レンタル」での項と同じように、リースで利用する場合のメリットは、どのようなものがあるのかなどについても解説していきます。

これからの新たな「モノの手に入れ方」

最後のこの3ページ目においては、「リース」とも、「レンタル」ともまた異なる、これからの少子化、環境保護、経済的事情などにも配慮した、新しいものの使い方、手に入れ方、などなどについて解説していきたいと思います。 キーワードは「共有」という考え方、スタイルです。