「リース」と「レンタル」の違いとそれぞれのメリットを解説するサイト

>

リースの場合の考え方

リースとは何なのかを解説

では、「リース」とはどのようなものを言うのでしょうか?
この項ではそれを探っていくことにしましょう。
「リース」とは、主に企業向けの機材や設備貸し出しの取引のことを言います。
レンタルと似ていますが、特に異なっている部分を挙げていきます。
まず、「リースの対象」です。
基本的にクルマやパソコン、複合プリンタなどのような高価な機材や設備を大量かつ長期間使用するような場合に対応しており、そういうことをするのはほぼ企業であるため、リースを用いるのが企業が多いことの理由でもあります。
また、「特定の顧客」に「長期間」貸し出す、つまり機材や設備を使いまわさないのもリースの特徴で、そのため、基本的には新品を貸し出すことになります。

主なリースでの利用例

利用例を挙げる前に、リースのメリットを解説します。
まず、使用する商品の機種などを細かく指定できます。
また、月々払いで契約することがほとんどなので、一括よりも日々の負担が少なくて済む点や、リース契約の物品に掛かった費用は経費計上できる点、レンタルよりも割安で契約できる点などが挙げられます。
デメリットとしては、基本的に企業向けのサービスなので審査が行われる点や、保守管理はユーザ自身で行うので維持費を別途計上する必要がある点、リース契約を途中で解除した場合は残金を一括払いしなければならない点などが挙げられます。
具体的なリースの利用例ですが、例えば企業でパソコンやプリンタ、サーバなどを大量にそろえる場合、家具やオフィス机などを用意する場合、工場などで工作機械などを調達する必要がある場合、そして、自動車や船舶、鉄道車両などの輸送機器を揃える必要がある場合などです。


SHARE!