「リース」と「レンタル」の違いとそれぞれのメリットを解説するサイト

>

これからの新たな「モノの手に入れ方」

新しい使い方とはどんなものか

「カーシェアリング」というサービスをご存知でしょうか?
具体的には、あらかじめ利用者として契約した人間たちだけにクルマを貸し出して、その利用者間の間では、自由にクルマをシェアできるというシステムです。
「レンタカー」と似ていますが、レンタカーは不特定多数の人間が、半日~数ヶ月単位でクルマを借りて乗るシステムである点が異なります。
クルマを乗るにしても半日も乗らない、乗るルートがほとんど決まっている(決まった場所への買い物や送迎にしか使わない)などの場合、このカーシェアはレンタカーよりも安い料金で使うことができます。
自動車というものは保険代や整備代などの維持費、車検代、ガソリン代などでお金が掛かりますし、駐車場を自宅に持てなければ駐車料金も掛かります。
特に独身でアパート住まいの人などは、このカーシェアは、使い方によっては公共交通機関を使うよりも安く日々済ませられるのです。

新しい分かち合い方は「住まい」にも

「ひとつの住まいを家族や恋人ではなく他人同士で共有しあって生活する」という「ルームシェア」というライフスタイルもあります。
「長屋住まい」というイメージに近いですが、基本的に現代のルームシェアは、主に賃貸契約のマンションや戸建てなどに、複数の他人が同居し、個々人のプライベートスペースは確保するものの、台所やリビングといった部分は共用するという形が多いです。
家賃や光熱費の節約になりますし、常に誰かがいるというのはそれだけで防犯になります。
また、異なる出身地や国同士でのルームシェアは、異文化交流にも繋がります。
ただ、一度トラブルが起こると、ご近所トラブル以上に距離がもともと近いため、深刻化する恐れもあります。
ルームシェアは軽い気持ちでは始めず、入居するのがどんな人なのかを始めにきちんと把握し、貴重品や火の元、共有ルームの使い方などのルールをしっかりと先に決めておくのが、トラブル回避のコツです。


SHARE!